外交のページへ

軍事・安全保障その2へ





軍事・安全保障  船中八策

西ドイツの予備役と冷戦の終結

ソ連の北海道分断を救った人々
  追記


 護衛艦”いずも”進水

兵器の安全と基地

郷土防衛隊構想

枝野幸男さんの憲法9条の条文

ソフィン戦争 隣国が大国である小国の運命

原発警備

シリアの化学兵器

シリアの化学兵器その2

軍の規律維持


2014年 大晦日の老人性躁鬱・脱走兵の処遇  アメリカの場合
 
軍法会議

古くからある新しい税

イプシオンロケットと核先制不使用条約

本当に怖いのは?

本当に怖いのは その2 スパイク対艦ミサイル

日本の対艦ミサイル

偶発戦争危機高まるか

戦後中国の戦争

工藤俊作・竹内一・  橋伊望の責務

自衛隊のいじめと工藤俊作


海上自衛隊と航海科の充実

海上自衛隊と航海科の充実 その2

映画 永遠のゼロ

上原良司氏の特攻

アルゼンチン海軍観戦武官の証言

観戦武官

中国バブル崩壊と対外戦争

 欧州の民族自決

鎮遠・長崎事件

爺爺の集団的安全保障
 
米国退役軍人省

集団的自衛権の2の議論

英国から見た太平洋戦争

戦後の掃海作戦

道徳的憤怒の戦争


常勝寺

警備母船の建造

ポーランド近代史

ポーランドとシラフタ





> 軍事・安全保障その2へ

軍事・安全保障
その1へ

外交のページへ








2015年以降

防衛省の武器調達

零戦展示

ガリポリの戦いとトルコの近代化

エルトウールル号の日本訪問

映画 海難1890


多民族国家・マレーシア

ドイツの敗戦処理と北方4島


軍事・安全保障その2へ




















イラク戦争の参戦国










1930年代の海外侵略



海上自衛隊と航海科の充実

海上自衛隊と航海科の充実 その2

マーケットの暴力・衆愚政治のツケの支払い




軍事・安全保障その2へ































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































> 軍事・安全保障その2へ

軍事・安全保障
その1へ

外交のページへ














































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































軍事・安全保障


外交のページへ
外交と軍事・安全保障のページは分離しました 
軍事・安全保障その2 2015年以降を新設しました
                速魚
 最新の更新は下記へ
 http://hayame.net/custom6.html
     

5. ; 軍事・安全保障  船中八策

   予備役の充実と郷土防衛隊構同盟を充実して日本の

  米軍基地を海陸空軍と海兵隊の4つに縮小整理


  原発警備を厳重自衛隊へ移管

   





   外務省改革在外公館の半減整理、課長以上の半数のを他の

   省庁と交互に交代。


   国連分担金は常任理事国以上には負担しない。





   軍事・安全保障  船中八策



  ; 西ドイツの予備役と冷戦の終


 ソ連の空母ミンスクが1979年に日本海にやってくる
ので、盛んに当時のマスコミが北海道が危ないと大騒
ぎしていたのが、想いだされます。
ミンスクも後で分りましたが、機関に致命的な修理が
必要で、無理を重ねて日本海にきたようでした。
 日本では西ドイツの予備役のことはあまりよく知られて
いません。
なぜ日本と違って、西ドイツでは徴兵制をとっていたのか
も知られていません。
西ドイツでは敗戦以後も圧倒的なソ連の通常戦力と対峙
していました。NATO軍の戦力では、それに対して不足
で、戦術核の使用で対抗することになります。ドイツは
こと起こったときは、自国の領土で核戦争の戦場になる、
厳しい状況です。それゆえドイツは通常戦力の増大の
路線をとりました。
ドイツの再軍備の制約で12個師団に限定されていた
ので、予備役の創設をします。正規軍34万人をしのぐ
予備役59万人の大兵力を編成しました。
徐々にそれを第1線部隊に準ずる装備に拡充してます。
編成改革を重ねていくことにより34万人から100万人に
増大させます。それで防衛線をライン川からエルベ川に
押しやることができました。自国の領土での核戦争は
遠のきます。
1970年代末ではエルベ川をはさんで東西均衡した兵力
になりました。
1987年に至ってゴルバチョフは攻勢戦略を取り下げ
パワーバランスの逆転し冷戦が終結します。 
 現在の日本はミンスクの時代よりも、もっと脅威が高ま
っております。ソ連の太平洋艦隊はマスコミが騒ぐほど、
たいしたことありませんでしたが、
最近の中国の海軍の増強ぶりは目立っております。
中国の空母はミンスクと同じで騒ぐほどの空母ではあ
りませんが。注意しなければならないのは、
自分が合理的に判断をするから、相手もそうすると
は限りません。
日本もパワーバランスをとっておく処置が必要でしょう。

            2013-7-15


   追補

 2011年 ドイツは徴兵制を停止し連邦軍は職業軍人
と志願兵だけになった。ソ連が崩壊したので、現実対応
したということですね。

   2015-1-8




              
         
 
 
ソ連による北海道分断を救った人々


                  
  樋口季一郎   



 今から68年前の1945年8月22日に北方軍は武装解除することになり
ました。終戦後にソ連は千島と北海道の北半分を要求して日本に侵攻した。
北方軍司令官の樋口季一朗の命令により、終戦以降にもかかわらず反撃を
命じた。
その命により占守島では上陸してきたソ連軍を断固として痛撃しました。
それで侵攻を遅らせることができた。幸いにもアメリカがソ連の北海道の領有を
認めなかったので、北海道は分断されずに済みました。 日本軍はどこでもやって
いた終戦後の速やかな武装解除に応じて、みすみすソ連の進駐占領を許して
いたら、それが既成事実化してしまい、アメリカは北海道のソ連領有を押し切られ
ていたでしょう。誠に戦後でも戦ってくれた軍人の方に感謝せずにはいられ
ません。名も残さないで血を流して守ってくれた下級兵士の人々がいたのです。
 他にも樋口季一朗さんはキスカ島の奇跡の撤退作戦を進言し成功させました。
あのリトアニアでユダヤ人にパスポートを発行した杉原千畝さんの2年前に、
オトポール事件と言われるユダヤ人救出に尽力しました。すべて彼の個人的な
決断です。彼がそこにいなかったらどうなっていたかわかりません。ソ連が彼を
戦犯として差し出せとの要求も、感謝されたユダヤ人の力で抑えました。
 樋口さんは淡路島の廻船問屋の出身の人で、奇しくも司馬さんの菜の花
の沖の高田屋嘉兵衛と同じ出です。日本のために北海道のために
後押しがあったのかもしれませんね。歴史の巡り会わせの不思議さを感じます。


     2013-8-25       


    追記

  オトポール事件のことを書こうと思っていました。 下記のユーチューブをみつけ
ましたので、是非ごらんください。 長いですけれど、樋口将軍のお孫さんがよく説明
されています。 ここでとりあげた根本将軍、犬塚大佐なども関連つけてお分かりにな
ると思います。 これをご覧になればx爺爺の拙い文より鮮明にご理解いただけると
思います。




     奇跡の将軍 樋口季一郎  68分  いいね 
     https://www.youtube.com/watch?v=4caq5e_toz8
                           2015-12-14

      

  



    根本博陸軍中将の決断
     
     犬塚是重 上海特務機関長の3年
            
   












  護衛艦 いずも  進水

                        
                            空母型 護衛艦 いずも

  ;

 艦隊運用を前提とする、”いずも”が進水し艤装工事にかかりました。
旧軍の空母のサイズと比較します(機体の大きさは新旧で様々ですので目安です)

         全長(M)    全幅(M)       搭載機数 
いずも      248       38         ヘリ 14機
加賀       248       32            75機
飛龍       227       22            59機
ヨークタウン   246       25            87機

要目を比較して見れば一目瞭然のようにりっぱな正規空母としてのサイズを持って
います。スキージャンプ台を取り付けて改造し、F35Eを載せれば立派な空母になり
ます。集団的自衛権の見直しで、シーレーンの安全確保できるよう検討している
発言もあるので、ペルシャ湾や東シナ海での運用もあるでしょう。
かって戦車を特車と言っていました。主力戦闘機から爆撃装置をはずして改悪し
たり、軍艦に護衛専用の艦種が存在しないのにもかかわらず護衛艦と今でも称して
おります。このような欺瞞はこの際になくしましょう。特に軍艦は前の大戦でも
そうであったように、建造に時間がかかり、相手とのバランスを維持して抑止力
としなければなりません。従いどのような戦略を描いて建造計画を立てているのか
に関心をもたねばなりません。
今はこのあたりに政治がどのようにタッチしていのるか見えません。これが懸念
です。
おまかせで自衛隊に任せていると、旧海軍のようにアメリカを仮想的として壮大な
建艦計画で莫大な予算を使った関係で、いざとなって戦えませんと言えずに戦争
突入です。

 注) 加賀は赤城と共にハワイ攻撃のときの主力空母の1隻
    飛龍はミッドウエイ海戦で沈没
    ヨークタウンは米の正規空母、ミッドウエイで飛龍の攻撃で撃破

                   2013-8-11
 

       文民統制

  文民統制の放棄! なぜ空母・いずも・がうまれたか
   軍事ジャーナリスト 清谷信一さんによる

   http://toyokeizai.net/articles/-/64841?page=6









    兵器の安全と基地
 

 沖縄で米軍ヘリ(HH60)事故がありました。ブラックホークを救難用に改造
したヘリです。任務により事故率は代わり、このヘリのように敵地で乗員を救助
する厳しい任務やその訓練では事故率が上がります。この乗務員の練度が高か
ったようですが事故が起きました。市街地でなくて良かったです。 今回のヘリは
オスプレイに比べれば事故率ははるかに低いと思います。兵器は常に最新で
高性能を追及するものであり、民用品に比べれば、事故率も高いのが常識です。
開発されたばかりのものなら尚更です。オスプレイの普天間配備で問題になって
いるのは、オスプレイの問題より、市街地のど真ん中に航空基地があるということ
です。オスプレイでなくても今回のようにヘリ事故はあります。兵器は事故が
起きるものとして、自衛隊も米軍も日本にある基地を見直す必要があります。

 安保条約の関係で日本を守ってもらうために、基地を差し出しています。日本側
にはアメリカを守らなくていい条約です。基地の中は治外法権ですので日本は立ち
入れません。事故原因も知らされず、日本は調べることもできない。
同盟条約を見直さない限りこれらの問題は解決できません。それらの負担の多くを
沖縄の基地がしています。沖縄に偏重している問題は日本の問題ですね。憲法も
含めて双務的な同盟にして、基本的なことからの見直しの時期にきているといえま
しょう。

                                2013-8-17

 











      郷土防衛隊構想


 近頃厄介な隣人を抱える事態となりました。 西ドイツでは冷戦のときに、圧倒的
な通常兵力不足を補うため、100万人の予備役を郷土防衛隊として編した。
それでワルシャワ条約機構軍と兵力の均衡状態を作り、冷戦の終結に貢献した
歴史があります。
 日本にも予備役の制度があり、今回の震災で自衛隊史上で初めて招集され、災害
復興に貢献しました。


 郷土防衛隊とは島国ゆえに、軍事的には敵の上陸作戦の阻止補助部隊として
運用する。先の大戦でもエアーカバーのない軍艦は機能しないと分りました。
フォークランド戦争でエグゾゼ1発で英駆逐艦が轟沈したことを、思い出してくだ
さい。空軍の充実が最も大事なことです。しかし最新のステルス戦闘機は1機
200-250億とも言われています。これを揃えるには莫大な予算が必要です。
以前にもここで述べましたが、汎用の対艦ミサイルを開発または購入する。
予算的には1隻1000億円といわれる自衛艦の建造を中止して、
これの装備費用にあてます。

人員は消防団組織の自衛隊版で、ボランテイアにより人員が構成されます。
山影の見えないところから、目標にミサイルを撃てば直ちに退避する部隊です。
3日程の短期講習でできるようにする。緊急時以外は通常の仕事をしています。
手持ちのパソコン、漁船のレーダー、携帯発電機、農家のトラクター、
自家用の4WD車など手元にあるものでこのシステムを構成する。従い人員は
年金待ちの60代でも可能です。1個分隊10名で4発装備したユニットを
操作する。開発費用も含めて1000発以上は装備できるはずです。日本中を
ハリネズミのように配置すれば、相当な抑止力として機能します。

既存の12式の対艦ミサイルは性能的にも優れていますが、数をそろえるのには
時間と費用がかかります。以上は老人部隊ですが、35-40才ぐらいのミドルで、
派遣ばかりなので将来の見えない人々が存在します。この中で希望者には
1年の任期で、午前中はこの年代の体力にふさわしい訓練、午後はこれからの
人生のためのキャリア講習をします。この予備自衛官制度を創設してはどうで
しょうか。老人部隊よりはまともな予備になるでしょう。この訓練を終了したとき
の正社員雇用を義務とする制度も必要です。

スイスの平和は各家庭にある小銃や機関銃により担保されています。日本も郷土
防衛隊により抑止力として機能させましょう。オタクの妄想かな?

                 2013-6-19     

      










  ;
                                         
 
                                          枝野幸男 国会議員
  ; 枝野幸男さんの憲法9条の条文


 左右から叩かれるとご本人も言ってます。まだ民主党の方針に決定はしてない
ようですがタタキ台ができました。議論がすすめばいいですね。
 自民党オタク幹事長の本音はただただ旧軍の復活で、そこに現代から見た反省
も改革もありません。絶対平和の方々は先に核の先制攻撃を受けても耐えること
ができるのでしょうか?現状を変える議論がすすむことを願います。


 【現行部分】

 1項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の
発動たる戦争と、武力による威嚇又(また)は武力の行使は、国際紛争を解決する
手段としては、永久にこれを放棄する。

 2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

 【追加条項】

 9条の2

 1項 我が国に対して急迫不正の武力攻撃がなされ、これを排除するために他に
適当な手段がない場合においては、必要最小限の範囲内で、我が国単独で、
あるいは国際法規に基づき我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を守る
ために行動する他国と共同して、自衛権を行使することができる。

 2項 国際法規に基づき我が国の安全を守るために行動している他国の部隊に
対して、急迫不正の武力攻撃がなされ、これを排除するために他に適当な手段が
なく、かつ、我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全に重大かつ明白な影響を
及ぼす場合においては、必要最小限の範囲内で、当該他国と共同して、自衛権を
行使することができる。

 3項 内閣総理大臣は、前二項の自衛権に基づく実力行使のための組織の最高
指揮官として、これを統括する。

 4項 前項の組織の活動については、事前に、又は特に緊急を要する場合には
事後直ちに、国会の承認を得なければならない。

 9条の3

 1項 我が国が加盟する普遍的国際機関(現状では国連のこと)によって実施さ
れ又は要請される国際的な平和及び安全の維持に必要な活動については、その
正当かつ明確な意思決定に従い、かつ、国際法規に基づいて行われる場合に限り、
これに参加し又は協力することができる。

 2項 前項の規定により、我が国が加盟する普遍的国際機関の要請を受けて
国際的な平和及び安全の維持に必要な活動に協力する場合においては、
その活動に対して急迫不正の武力攻撃がなされたときに限り、前条第一項及び
第二項の規定の例により、その武力攻撃を排除するため必要最小限の自衛措置を
とるこ

とができる。

 3項 第一項の活動への参加及び協力を実施するための組織については、
前条第三項及び第四項の例による。

                  2013-9-12
 


   枝野幸男の保守とは       










           
マンネルハイム将軍・大統領              フィンランド兵

  ; ソフィン戦争 隣国が大国である小国の運命
 

 7月末に練習艦”かしま”がフィンランドを訪問した投稿動画を見まし
た。

礼砲21発の最高待遇で迎えられました。
館内見学も好評の様子が見てうかがわれます。 
 フィンランドでは東郷ビールが有名です。日露戦争後にフィンランド独立に
日本の勝利が影響した事実として、ビールは採りあげられます。
しかし1970年に海軍総督シリーズの中の一人として発売されました。
日露戦争で戦ったロシアのマカロフ提督もその中にありますので、
東郷だけのビールではありません。
フィンランド独立後に記念して発売された東郷ビールという事実はないようです。

 フィンランドは第2次大戦のころにソ連と二度戦争をしました。独ソ不可侵条約
で勝手にフィンランドとバルト3国はソ連圏内と決められました。
それでソ連はフィンランドにレニングラード防衛のためと称して領土割譲要求
をする。それを拒否してソ連と1度目の冬戦争になった。
フィンランド軍は予備役も含めて26万人、ソ連は60万人で戦車と飛行機は30倍
の差がある戦力でした。雪中の跡といわれるほど予想外に大善戦したけれど、
フィンランドは不利な条件で停戦講和した。独立は守ることができました。
その戦争でのソ連の大損害はスターリンの大粛清のせいで軍の幹部の大部分を
なくしていたのが原因と言われています。停戦から1年ほどして、
独ソ開戦になり今度はフィンランドは枢軸側に属し2回目の継続戦争を戦います。
一時は領土回復をなすがソ連にまた押し戻される、なんとか侵攻をくい止め
膠着状態になる。フィンランドは戦況がドイツの形勢不利と判断して、
分離講和を計り不利な講和条件をのんで休戦協定に調印した。
継続戦争では冬戦争以上の犠牲をフィンランドは払った。
ソ連はフィンランド軍の3倍以上の損害をうけた。困難な状況でもなんとか
フィンランド独立を維持しました。
戦後はソ連従属外交をして、フィンランド化と悪い意味でいわれていた時期が
ありました。でも今はどうでしょう、GNPは高く、ちょっとノキアは元気がない
ですが、学力テストの成績で世界一です。

 隣国は選べないといいますが、厄介なお隣さんは大変です。フィンランドに
比べてバルト3国は独ソ不可侵条約後に抵抗することなく無血でソ連に併合され、
独ソ開戦とともにドイツに占領されて、再びソ連に占領されました。
戦後もスターリン体制の中で多くの犠牲者をだし、抵抗したフィンランドよりも
多数の国民の犠牲者がでました。
冷戦の終わるまでバルト3国は独立できませんでした。大国の隣の小国の対応も
難しいものがあります。さて中韓の隣人を持つ日本はどうでしょうか?

                  2013-8-7
 
 








 原発警備


 北朝鮮の原発攻撃計画が報道されました。脱北した軍人は自分を大きく見せる
ために、こう云った発言をするので問題なしともいいます。しかし5月26日の
朝日新聞で”無防備な横腹”の原発警備の記事があります。
今回の事故が起きる10数年前でも、何度か原発沖をプライベートや仕事でヨット
やボートの廻航をしました。容易に原発近くに接近できる状態でした。携帯式の
対戦車ロケットで打ち込めば10cm位の鋼鉄には穴を開けられるので、警備の
必要性を代議士や友人に話したことがあります。柏崎原発の見学に行ったことも
ありますが、民間のガードマンがいた程度でした。同時多発テロ後にはサブマシン
ガンをもった警察官や海上保安官が警備をしているということですが、朝日の記事
では海上には手薄のようです。福島の事故で付属施設の故障でも重大な事故になる
ということが判明しました。
原発は攻撃できない原爆を所有しているのと同じです。
警察レベルより軍レベルに警備を格上げして原発警備連隊を創設して、各原発には
小隊レベルの警備を配置するべきでしょう。これは陸海空の統合部隊を創設して
運用する。原発攻撃も想定外のことではないですね、
想定能力不足というべきですね








  ; シリアの化学兵器


 近日中にシリアに対して有志の国の空爆が行われるのかという状況です。
塩野さんの”ローマ人の物語”を読んでも、あの当時から現在のシリア
やイランの地域とローマの問題は大きな問題だったと分ります。何も解決できずに
現代まで来たのですね。 イラクには大量破壊兵器はありませんでしたがイラク
戦争は起きました。(国内のクルド人に対してはフセインは化学兵器を使用
しましたが。) 
 ヒットラーは同等の反撃を恐れて化学兵器を使用しませんでした。歴史的には
化学兵器を所有している側がその使用に対して、反撃があるなしで決断している
ようです。  今回の空爆があるとすれば、化学兵器の使用に対してその被害を
受けない側の人道的(?)な反撃をした初めてのケースになります。 
38度線に大量にそれを配備している北朝鮮に間違ったメッセージを与えないため
とも言われています。 原爆もそうですが、人道でも何でもなく、対抗する軍事
バランスが必要だといわれます。

                       2013-8-28

 



  ; シリアの化学兵器その2


 今日の報道では、シリアにある化学兵器を国際管理下で保管するというソ連の
外相の提案です。アメリカも理解を示しているようで、シリア空爆は保留の
模様です。
 北朝鮮の化学兵器はかって韓国の米軍が核兵器を持っていたためだし、
イランの核開発やシリアの化学兵器はイスラエルの核兵器に対抗するものです。
日本は中国の核兵器には米軍の核の傘で対抗しています。(日本の国民にその
自覚が有ろうと無かろうと。)
 シリアでは自国民にそれを使用した疑いが濃厚で今回の問題が起こりました。
アメリカの困った問題とは、今のシリア政府をつぶしてしまった後で過激派の
イスラムテロリストが混乱に乗じてシリアの政権につくことです。
米ソともテロリストに渡った化学兵器が自国で使われるのを阻止したい共通目的
があります。それで、もし今回の国際組織の保管で決着できればいい結末ですね

                              2013-9-10
;








 ; 軍の規律維持
 

 週刊BS−TBS報道部の動画で石破幹事長の憲法9条改正を語るを見ました。
彼の考えないし自民党の方針としては、軍の規律維持のために秘密の軍事審判所

設け、最高死刑の判決で命令を拒否して従わない者に対処しようとしているようで
す。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=m2BXY8684cg

彼は過去より何も学ばないで、ただ旧軍の復活を策している人物です。戦後軍事
官僚は排除されましたが、まだ官僚が依然として政治をコントロールしています。
そのまま彼の云うように旧軍の復活を進めるのなら、戦前のようにシビリアンコント
ロールを欠き、軍事官僚コントロールに強制力を持たせてることになります。
また徴兵が復活して、壮絶な規律維持のために、鉄拳制裁とか連帯責任とか言い
出して、隊内いじめがはびこるのでしょうか? ドイツは反省を踏まえて、
軍法会議は廃止して軍には必須のものではないと決めました。
 学徒出陣のときの神宮球場での映像をご覧になったと思います。若い学徒が
徴集され、悲壮な覚悟で強制され出兵しました。 一方アメリカでは全国の大学の
キャンパスから学生が消えるほどの多数が徴兵事務所に殺到して志願しました。
ケネデイは大学を中退して海軍に志願し魚雷艇の艇長として日本海軍と勇敢に戦い
ました。この違いを戦争の敗因の一つとして石破さんは理解していないよう
ですね。圧倒的な物量と工業力の違いだけで負けたのではありません。
 震災や原発事故の多くの自衛隊員は出動しました。原発に対しても見事に自衛隊
員は躊躇することなく命を懸けて困難な任務を成し遂げました。
福島の原発の運転員の方々も当事者ですが、逃げることもなく事故処理を
しました。石破さんの考えは懸念でしたね。
それともこれらの事実認識がないのでしょうか? 
いつの時代にも少数の命令拒否や脱走する人がいるものです。それを理由に死刑で
脅して任務をさせようという発想を捨てましょう。愛国心教育や武道を推進しても
強制が伴うものなら効果はしれています。自分の国を自分で守る体制は必須で、
9条も変えなければなりませんが、石破さんの考えや方針では現状維持で少数の
改正でいいように思います

             2013-7-27









      2014年 大晦日の老人性躁鬱    

        脱走兵の処遇  アメリカの場合  

 
 今日で2014年は終わりです。新しい新年を迎えるために、田舎老人の杞憂です。

今年は安倍政権になって

日本版NSC創設、
特定秘密保護法の成立
武器輸出の緩和
集団的自衛権の解釈変更での行使容認を閣議決定

 これらの歴史的転換になる大事なことを決めました。

 先の選挙では国民が安倍さんに白紙委任でおまかせという選択を選らんだ状況
です。近い将来に、理由はともかく、自衛隊が海外に出動して戦争をする国になる
のでしょう。

 その時になって選挙に棄権して、J婚と騒いでいたお年頃の女性は、こんなはず
じゃなかったと気が付くのでしょうか? 落ち着いた冷静な時に軍法会議規律
ことは決めておかねばなりません。少しはオタクの老生でも下記のスパイクさんの
記事を読むまでは、アメリカでは脱走兵の銃殺を、先の大戦でも1件しか執行しな
かった事実を知りませんでした。しかもアイゼンハワー総司令官・大統領は世間
に伏せました。
 民主主義の軍隊とは他の強権の政体とは違い、死を強制して脅して徴兵するの
こととは違いがあるからでしょう。 だから参戦した自発性の高い兵は強いのです。
日本は戦争に負けるわけです。 このような知識を持ち合わせていない安倍・石破
さんらに、おまかせで主導させると戦前に逆戻りした死を強制する兵制ができあ
がってしまいます。
いずれ徴兵制でしょう。

      スパイクさんのブログより
   http://spikemilrev.com/news/2014/12/27-1.html


 安倍さんの国会答弁を聞いていると、自信満々で聞く耳を持たず、他人の意見
を聞いて議論して物事を決めようという態度が見えません。彼のやりかたで、この
まま進むと、これから何か述べると非国民・国益を損なうという非難をあびせられ
て、排除される世の中になりそうです。

 日中戦争が始まる前までですが、庶民は神社に息子を徴兵にとられないよう
に祈願しにいくのが自然な気持ちであったという時代がありました。でも戦争に
動き出すと、あっという間に武運長久を護国神社にお参りに行く時代に突入し
ました。 戦後になっても、そんな庶民の親の素朴な気持ちを、圧力を加えられ
ずに表現できた時代が存在したことを忘れています。

 このまま政治が大衆迎合に走ったり、今回のような党利党略の選挙をしてい
ると、最後には政治・政党の信頼を失い、戦前の大正デモクラシーから軍事官
僚支配の強権政治になってしまいます。

 国民は政治家よりも、大声をあげて勇ましいことをいう軍人に、当時の悪い
状況を改善してくれるのではないかと支持しました。 政治不信だけで政治は
変わるわけではないですが、大不況からの経済悪化が相まって、強権政治に
支配されるようになりました。 日本では未だにバブル崩壊からの立て直しに
成功していません。安倍さんでも2%ほどすすめましたが、今では停滞して立
ち止まり、これ以上は希望がもてません。
 また政治が沖縄のことを、選挙結果で示されたにもかかわらず無視していく
と、沖縄の独立運動や中国への帰属の難しい問題が起きるでしょう。 
これから中国バブルが崩壊すれば、戦前の大不況の再現です。歴史は2度
繰り返さないと楽観はできません。外観は違った形で虚勢を張った勢力が力を
得て、まともに発言できない時代が来る恐れがあります。もっと悪いことに科
学文明が進んで、ネットワークから一層の監視ができる社会です。  昨年の
年末にも初夢・正夢・悪夢で同じようなことを言っていますが、この1年で現実味
がより増しました。 年寄はこんな鬱になりますが、若い方こそ問題なんですが。

 そうそう究極の選挙総括で老人連合が勝利しました。戦争になっても若者と
は違い、敵にわずか銃弾1発の損耗を与えるしか役立たずの老人ですが、
この状況が続けば、このまま逃げ切り、死んで後のことは地獄で若者を見守
るだけになりそうです。

    2014-12-31をむかえて。


    バッハ マタイ受難曲
 St Matthew Passion 演奏Willem Mengelberg 12分  1939
     https://www.youtube.com/watch?v=x7z8sKpr8T4



     追補 
   
 米軍での脱走などの軍律違反の記事は日本でほとんど報道されることがなく、その
実際はよく知られていません。
 アメリカとの新しい軍事協力・ガイドラインが大きく質的に変更された報道がされて
います。 これから自衛隊が世界中の果てま行くことのなり軍事行動をすることになり
ます。自衛隊員の中で自殺やP.T.S.D・外的ストレス症候群の隊員が増えること
になるでしょう。脱走の問題も起こることになります。」しかし日本の与党の軍事問題・
重鎮は、アメリカのケースの実際をしることなく、旧軍の悪いところを踏襲する発言を
されています。下記のサイトをお読みになってお考えください。

  スパイク通信員の軍事評論
    http://spikemilrev.com/news/2015/4/29-1.html

     2015-4-29







 

 ; 軍法会議


 憲法記念日です。自民党案には国防軍とそれに付随する軍事裁判所の設置
を改正したいようです。後者については田岡俊二さんの記事を読めば詳しいので、
判断の参考にしてください。確かに医療過誤の事件は専門に詳しいとはいえ、
医師会で裁くようなことはありません。
例外は海難事故でこれは海難審判所で審議しますが、刑事罰を課すものではなく、
原因追及を目的としたものです。(注 原因追及は安全委員会に移行しました)
 小生は軍事とそれにまつわる裁判については、まだ考えがまとまっておりま
せん。先の戦争で感じることは、戦時中に下された軍法会議や普通裁判による
死刑判決はその執行を終戦後より5-10年延期すべきものと思います。
戦犯の判決もそうです。
少し冷却期間をおく必要があります。熱狂の中では冤罪が生じます。
戦時中のスパイ即刻銃殺など特に禁止です。
 9条の改正には賛成しますが、結社や集会の制限など慎重に検討が必要なものも
含まれます。
96条の改正手続から始めるようですが、このままでは自民党の参議院大勝で
しょう。慎重にみつめていくことが必要です。 下記はダイヤモンドオンラインより田岡
さんの見解


  http://diamond.jp/articles/-/35306

   2013-5-4









  古くからある新しい税


 納税には金納・物納があります。労務提供による納税はすっかり忘れ去られたも
のになっています。古くは防人、明治になって徴兵などがありました。同じ敗戦国
でもドイツの場合は、徴兵制度が存在します。現代日本ではそんなものを話題に
あげようものなら、目をむかれて総スカンをくうのが関の山です。この復活を持ち
出すのでは、ありません。
でも日本の危うさは、もし日本のどこかが攻撃でもされるような事態になった
とき、リメンバーパールハーバーではないですが、事前に何もタブー化して検討し
ていなかったがゆえに、徴兵制に一気にいくのではないかと懸念して
おります。徴兵制に行く前には、軍法会議の問題、軍隊につきもののいじめの
問題、軍隊と市民社会の問題など検討しておかねばならないことが多いです。
 バブル崩壊のあと金納では限界が見えて、限られた予算のなかでは、
労役による負担を考えた方がよいと思います。それも世代間の公平な負担を
前提とします。福祉施設の介護や先に述べた消防団的な郷土防衛隊構想の参加
など、議論を尽くして、人生で半年くらいの労役負担が必要ですね。

    ; 2013-7-10

 
 








  イプシロンロケットと核の先制不使用条約


 安価に衛星を打ち上げるイプシロンが成功しました。逆に地球上のどこでも狙う
安価なミサイルを持ったということです。ナイフと同様使い方ですね。
 アメリカは状況により核の先制使用をするオプションを持っています。中国と
インドは先制使用をしないと宣言していますが?。日本に核ミサイルを照準し
ている国があります。現状で日本に核ミサイルを撃ってくる状況ではもちろ
んありません。
しかし紛争がこじれた場合にはあり得ると覚悟しておかなければなりません。
その時に果たして、アメリカは自分のニューヨークを犠牲にしてまで反撃してく
れるかどうかも考えておかなければなりません。核のカサすらあると自覚しな
いで、生活していますが、核のカサの突き詰めて起こる問題はこういう事です。
 日本が現況で核武装するなんて絵空事です。国民は許しません。でも最初の1発
の被害を受けたら、一変して集団ヒステリー状態で、それの反撃を世論が支持
するでしょう。原発への通常ミサイルの攻撃でもそうなるしょうね。狭い国土の
日本には核戦争が起こればこれほど脆弱な国土もないでしょう。故に絶対に避け
ねばなりません。
まず日本と中国とインド及び賛同する国を加えて国際核先制攻撃禁止
条約を結ぶべきでしょう。日本には核はありませんから不思議な条約です。
3か月もあれば材料を持っていますので、その製作は容易でしょう。しかし作ら
なくとも原発よりできた生成物が豊富にあります、福島のものもありますね。
イプシオンに詰めて撃てば充分に今でも対抗できます。
 ニューヨークの壊滅に負けない同盟には相当な覚悟と対価が必要とされま
すね。
                                                  
 ;

       2013-9-24

;







 ; 本当に怖いのは?


 今か今かと北のミサイルに緊張した日々です。 今日は長年続けている政治家の
ポステイングのボランテイアに行ってきました。そこの事務所での会話で、
意外なことにが分りました。
なぜ、アメリカはイスラエルがやるような先制攻撃をしないのでしょうか?
原爆を作る前の段階でそのための施設をすでに破壊しているはずだ。
最近の北の言動は戦前なら宣戦布告と思われてもおかしくないはずです。
オタクの世界ではよく承知のことが、世間にあまり報道されていないようです。
それは北がソウルや米軍基地を射程に納めている生物化学兵器を地下の施設に
配備しているからです。空爆でも部分的にしか破壊できない施設です。
それが抑止力として北にとっては機能してきたからです。こちら側があまり認め
たくないので報道でフィルターがかかって世間に知らせてこなかったのだと
思います。
最近の韓国のテレビでガスマスクをつけて兵士の映像が映っていたり。
日本の評論家でもこのことを述べています。今回の緊張ではテレビでかって述べて
いた評論家の威勢のいい先制攻撃の意見が聞かれません。現実味を帯びると
慎重になるのでしょうか........ね

       2013-4-11





 
 
     

 

本当に怖いのは その2   スパイク対艦ミサイル



     
    イスラエル製 スパイクミサイル   


 今日の報道で韓国は、この前に北朝鮮から砲撃を受けたヨンビョン島に、
イスラエル製のスパイクミサイルを実戦配備しました。韓国軍は自走砲で反撃し
たが、トンネル内に潜む砲を破壊できませんでした。このミサイルで精密に破壊
することができるようになります。前回に書いた、北朝鮮の現時点での最大の
抑止力は、38度線に展開した洞窟内の生物化学兵器砲弾を撃つ長距離砲や
ミサイルです。このスパイクを配備していくことで、ソウルがダーテイ兵器で
火の海になるのを韓国は防ぐつもりでしょう。ひょっとして、これで軍事バランス
がくずれて和解の道が開けるかもしれません。
 日本にもこのタイプの兵器を国産でもっていますが、なにしろ国際価格の3-4倍
はします。
フォークランド紛争のときにエグゾゼ1発でイギリスの駆逐艦が沈没。
今日も日本の接続水域を潜水艦が潜航しました。3度目です。スパイクが格安なら
25キロの射程があるようですので、上陸作戦用艦艇や舟艇に対して非常に有効
です。1000発ぐらいの大量購入して、予備役を訓練してこれを持たせ、農業用
のトラクターに設置した写真でも公開すれば、大きな日本の抑止力です。
沖縄はおれの物などと言ってはこないでしょう。
価格を調べるのに他のサイトを探したところ50基で発射台2セットで50億円の
予算とのことでした。砂漠用で性能にも問題点があるとの記事でした。
いずれにしろ性能は日々進化していくので、このタイプの兵器をもつべきでしょう。

               2013-5-20
 
  韓国軍が発射映像を公開しました。 YAHOOニュースより 2013-11-22

  http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20131122-00000032-nnn-int


 









 ; 日本の対艦ミサイル


 日本の対艦ミサイルを調べてみました。飛行機や艦艇からのミサイルもあります
が、今回は安価に大量配備をする目的ですので、地上からのものに絞ります。
現在は88式で1個中隊は発射機4台でミサイル24発レーダーなど指揮支援を
含みます。これが4個中隊で地対艦ミサイル連隊になり、2011年で5個連隊が
配備されているということです。88式は150kmの射程だそうです。
この距離なら海岸線にレーダーを派遣しないと目標を探知できません。
自衛艦からも中継機能で撃てるようです。さらに改良した12式を開発中との
ことです。
日本開発の兵器は開発能力と生産設備の維持が目的で、また他国に売れないこ
とから大変高価なものになっています。冷戦のときより現実の脅威が生じて
います。
スパイクは射程25kmで汎用タイプのものです。具体的な性能はわかりませんが、
実用的には海岸線においた監視員の指示で見えない山影から4発同時に
発射してすぐに退避、それぞれのミサイルは個別に目標が狙える性能が要求
されます。せいぜい2-3日の訓練で発射できる操作性も必要です。自衛艦1隻
作っても1000億はするでしょう。中長距離は88式12式タイプで、短距離は
スパイクタイプを装備する。短距離タイプを1000発で1000億円なら格安の
抑止力になるでしょう。海軍はエアーカバーなしでは脆弱で航空戦力を整備する
のは1機200億円の非常に高価な装備です。上陸戦は装備をそろえ、戦力も3倍
で作戦しないと成功しない難しい戦いです。硫黄島のようにいったん上陸させて
からの戦いは本土では民間人の被害が多きすぎます。艦艇段階で沈めてしまう
のが効果的自衛隊が11月に行う統合演習で、射程が100km以上あるSSM(地対
艦ミサイル)を沖縄県の石垣島にす。スイスが永世中立を維持するために。
各家庭に小銃や機関銃を保管しているのと同じ意味合いの抑止力です。
あとは核ミサイルが照準を定めているのに、どう対処するかですね

                        2013-5-22
 


    追補
     
 展開する方向で、最終調整していることがわかった。
複数の政府関係者によると、陸上自衛隊のSSM「88式地対艦誘導弾」を石垣島に
輸送して展開する訓練を行う方向で、最終調整を行っているという。
今回の演習で発射は行わないが、88式地対艦誘導弾の有効射程は、百数十km
あり、石垣島に展開すると、尖閣諸島の周辺海域の艦船まで対象とすることが可能
となっている。
日本の領海への侵入を繰り返す中国をけん制する狙いもあるものとみられる。
FNNニュースより

        2013-10-23

 







   ; 偶発戦争危機高まるか?


 中国が防空識別圏を尖閣諸島をカバーするものに決定したと通告しました。
日本のそれと重なるこことになり、お互いにスクランブル発進した戦闘機同士が
偶発的に戦闘に入る可能性高まりました。 最近ですが、日本の自衛艦に中国の
軍艦がレーダーを照射したことがあります。これは射撃専用レーダーでしたので
自衛艦に向けて引き金に手をかけたケースに当たります。アメリカ軍艦にこのよう
なロックオンをすれば間違いなく中国軍艦は攻撃されていました。
自衛艦は軍事常識を知らない中国海軍から退避して事なきをえました。
戦闘機なら一瞬の判断が必要なので、本当に難しい事態といえます。
 中国空軍が挑発で、どこまで行くと自衛隊や米軍が来るのだろうか?という軽い
感覚でいるとすれば、戦争・戦闘を弄ぶ行為といえましょう。果たして中国共産党
は軍を掌握しているのでしょうか?ソ連の赤軍大粛清も中国には無いし、革命か
らの軍と一体になった幹部は世代交代しました。日本の維新の政治家がいなく
なり秀才軍事官僚が支配した戦前の軍部に近い状態ではないかと懸念しています。
 もし撃ち合うな戦闘があっても、落ち着ましょう。想定内です。戦闘と戦争は
違います。どちらにも戦争の意思がないのなら短期間の戦闘で終わります。
ジタバタした方の負けになります。
 万一そのような事態には冷静に落ち着くのが大事です。 あおって書いているの
ではありません。
石垣島と宮古島には演習と称してパトリオットの対空中隊と対艦ミサイル中隊を
配備しておくのもありでしょう。

     2013-11-25








   ; 戦後中国の戦争    


  第2次大戦後の中国の戦争をまとめてみました。

 1949年     東トルキスタン侵攻
 1950年     チベット侵攻
 1950-53年  朝鮮戦争
 1959年     ダライラマ騒乱
 1952-62年   インド中国紛争
 1960-75年   ベトナム戦争
 1969年      ソ連中国紛争  ダマンスキー島
 1979年     越中戦争
 1984年    再越中戦争

  以上のように中国は国境を接する国と常に紛争してきたのが事実です。
昨日にB52が中国が宣言した空域を飛行しました。
中国とアメリカは長距離核ミサイルで対峙しているので、あえて原爆搭載可能な
B52爆撃機で飛行して、その事実を中国に認識させようとしたのではないかと、
神浦さんは述べておられます。日本も既成事実化を避けるために、航空機を今ま
でどうり飛ばす必要があります。韓国もすでに実行したと報道されています。
トラブルは戦争ではないので、冷静に対処することです。
 
           2013-11-28  
  







 工藤俊作・竹内一・高橋伊望の責務


;
        駆逐艦  雷




   自衛隊のいじめと工藤俊作

 
              
 たちかぜ乗り組みの海上自衛隊員が自殺した事件で横浜地裁は、いじめは艦内
では日常茶炊事で本件は氷山の一角と判決がありました。 高裁では遺族への
賠償保証額も400万円から7700万円に増額された。また学校のいじめ事件の
時と同じようにアンケート調査を実施した。それを海自が破棄したと偽っていた。
それの疑問を法廷で陳述した自衛官を懲戒処分にしようとした。この処分は見送り
になりました。
 今日の報道では同じように上司のいじめ・暴行で隊員が自殺しました。先の事件
で海自が謝罪したのは5月です。今回は1月であったのに昨日のこの事件の発表
です。海自はいじめに対して黙認して大事なこととは認識していないのでしょう。
 

 工藤俊作は駆逐艦雷の艦長に着任すると同時に、本日より本官は私的制裁を
禁止する。特に鉄拳制裁は厳禁すると発言する。また工藤は兵の失敗はやる気が
あってのことなら決して叱るなと言っていた。それで4000m先の潜望鏡を識別でき
る兵が続々誕生する。それで艦内の士気も向上して成果もでるのです。
 現在の自衛隊ではこの伝統を受け継いでいないのでしょう。防衛大学では8月7
日に上級生のいじめに対する告発が起きています。工藤俊作を海軍兵学校で教育
した校長の鈴木貫太郎は従来の教育方針を大改革した。
 1.鉄拳制裁の禁止
 2.歴史及び哲学教育の強化
 3.試験成績公表禁止・出世競争意識の防止

 自衛隊の現役艦長・連隊長は即座にいじめの禁止を部下に命令すべきです。
戦前のあの旧軍でもできたのですから。軍の命令組織はそういうものです。

 防大では鈴木貫太郎の教育方針を掲げるべき、軍人であるまえにジェントルマ
ンであるべきです。仮性敵国と思われる国では軍備は質・量とも上回っています。
だが装備品を売収したり階級を上げるのにワイロが横行しています。防大の小さ
な固まった枠から外れた生徒をイジメで追い出したりせずに、あらゆる能力を取り
込んで柔軟な組織をつくらないかぎり太刀打ちできないでしょう。集団的自衛権の
問題云々よりこちらの問題が先です。
将来にもし徴兵の問題が起きたときには、隊を辞めるわけにはいきません。これ
の解決がより大きな問題になりますね。

      2014-9-2

    追補
   
 防大生が保険会社から医療費を詐欺した事件で2日に18人が490万円不正
受給したと防衛省が発表した。またOBの現役士官4人が懲戒免職された。
 防大教育を見直す機会がきているのではないでしょうか?防大生は普通の大学
生ではありません。給与も支給されて健康保険・年金も加入しています。それでも
2割近くの学生が自衛隊に入隊していません。学費や寮費の免除程度におさえ
る必要があるとは思います。  普通の大学に近いものにして、一般大学卒の幹
部候補生制度があるので、その課程での統合教育制度にしたらどうでしょう? 
昇進も防大卒が極端に優遇されていると聞きます。幼年学校重視の昔を思い
出します。旧軍の復活ではなく本当の新しい自衛隊であってほしい気持ちです。
歴史の節目に来ているようで、国民の期待でなく官僚や政治家のために外地で
戦闘する羽目になるかもしれませんね。棺桶に片足踏み込んでいる、イザという
ときに何も役立たない老人のたわごとです。


     2014-9-.3

     追補2
    
 アフガニスタンで起きた中国系米軍兵士がいじめ自殺した事件では直属の
上官も起訴されました。確かに小隊長レベルなら、いじめに加わらないまでも
それを把握していないような隊長では部下の掌握不足な将校でしょう。下級
将校にとどまらずに艦長や連隊長レベルにもおとがめがあれば変わっていく
かもしれません。

    2014-11-10

 

 海上自衛隊と航海科の充実

 海上自衛隊と航海科の充実 その2



  
 



 ; 上原良司氏の特攻  中嶋博昭編    


;  

 




特攻というこの重い事実に関して、映画永遠のゼロにも涙しましたが、乳房橋で
上原良司さんがお母さんに3度も、いつにない大声でさようならと叫ぶ描写も涙無し
には読みすすめません。

 百田さんは戦後生まれの作家ですので、たくさん資料を集められて思考された
と思われます。この本も絶対に読んでおられると思います。しかし上原さんを
主人公にしないで、なぜ実在しない宮部を創作したのでしょか?
そこが彼の大事な意図ですね。しかし結果的には彼は宮部で成功します、
庶民の支持を得てベストセラーになり、映画化もされました。また安倍さんの
ブレーンとしてNHK経営委員に就かれています。
 
 上原さんは戦争に行って死ぬんだとの自覚を持ちながらも、ノンビリと現在と
変わらない学生生活をエンジョイしている日記を残しています。当時も今の学生と
同じですね。学徒出陣までは意外とケーキ・すし・すき焼きなどを食べることができた
ようでした。また意外にも軍隊に入ってもこんなに煩雑に親兄弟・親類に面会でき
たり、やりとりできたのですね。強い家族愛で結ばれています。
 上原さんはこの戦いは敗れるのは必定で、戦後の自由社会の実現まで予想して
いながらも、特攻を命ぜられてその運命より逃れることはできませんでした。
志願として強要された献身であった。仕方ないと心で泣きながら応じざるを得な
かったのが実情です。
 特攻が決まったあとの車内の風景という記述では、庶民の戦争どこに在りやと
いう顔つきをしている、我体当たりをしたあとも数日もこういう風景が続くので
あろうか凝視して書いています。
 彼の出撃104機でわずか3隻の損傷を得たのみでした。沈没なし。
連合軍の対応がすすんで戦果が乏しい状況です。その後も終戦まで特攻を続け
ました。あとに続くと激励していた上官も戦後生き延びる。軍部・軍事官僚は
戦後は特攻は志願であると自分の責任逃れのために顕彰してみせた。
学徒や兵を消耗品として扱ったこと、戦術・戦略の失敗の責任をとることは
ありませんでした。
 今もそうですが権限・権力とそれの責任を明確にしておかなければなりません。
原発事故で人災にも関わらず誰ひとりとして責任をとっていません。
過去の問題ではありません

 


  青春の追憶 この音楽  プロコルハルム  青い影  6分
  45年前と同じ声で歌っています。胸が苦しくなって思わず涙がでそう.......心筋梗塞の前兆と云われそう。
    https://www.youtube.com/watch?v=St6jyEFe5WM

  我歌姫 ブライトマンも歌う もちろん生まれていません。 4分
     https://www.youtube.com/watch?v=nOlVhgEOPp8



    ちゃんぽん食べたかあ
      追補 さだまさしさんの戦友
     


     
     映画 永遠のゼロ 
                       
             2014-3-26

  










  アルゼンチン海軍観戦武官の証言  

 
               


  この本は1998年に出版され友人から借りて読み、2005年に再版され購入して
再読しました。著者はアルゼンチン海軍大臣にまでなった人で、1928年に辞職した
海軍大将マヌエル・ドメック・ガルシアです。
 彼はジェノバで建造中であった同国の装甲巡洋艦リバダビア(春日)とモレノ
(日進)の建造委員長でした。日英同盟の英国の後押しでこの2隻を日本は
購入しました。
春日の廻航委員長は鈴木貫太郎です。日露戦争のアルゼンチン観戦武官として
日進に乗り込み日本海海戦に参加した。その日進が被弾して山本五十六が負傷
しています。日露戦争のち2年間滞在して、観戦レポートを母国に提出。
機密であったので日本では知られていませんでした。
1993年に練習艦隊がアルゼンチンを訪問した際に発見され翻訳出版されました。
 日本海海戦の観戦武官は英国とアルゼンチンの2国だけです。日本海海戦は
英国観戦武官の指揮により勝利したという話を聞いたことがありますが、
それを主張する人はこれを読んでないのでしょうね。
 日本海海戦の詳細報告よりも日本海軍の要員教育の問題とか人材の活用とか
の考察にすごさがあります。彼によれば勝つべく勝つ戦いであった。

    2014-2-18

  



     観戦武官









   ; 中国バブル崩壊と対外戦争  

 
 中国の今の状況は日本の戦前の昭和の時代のように、政治が軍部をコントロール
できていない状況です。日本では維新の志士が死んで、政治が軍事官僚を
コントロールできなくなった時代と同じです。毛沢東・トウ小平が死に、
同じ状況ですね。中国にはソ連のように赤軍大粛清もありません。
ソ連は軍拡競争に敗れ、自国の経済が破綻しました。最後の暴発もなくありが
たいことに冷戦を終えました。
ソ連の経済の破綻はその国にとどまりました。自由主義諸国はソ連に経済援助・
投資をしてはいませんのが救いでした。
 中国はどうでしょう、現在の中国のことが想像できたのなら、これほどの資本を
投資してGNP世界2位の地位まで、民主化をさせずに押し上げてしまうことは
なかったでしょうね。日本にとっては互恵どころか敵を育ててやった結果です。
戦略的に誤りました。
 交易をするには合理的な精神を要求され、その規模の拡大につれ当事者は
進歩せざるおえない状況になるものです。中国では腐敗が極大する原因で、
バブルがはじけることになります。健全な成長を待っていることはできません。
 日本での昭和の始めを思い出しましょう。経済の不況で農村が崩壊しました。
政党政治は対立を繰り返すばかりで対策を立てられずに、結局庶民は満州事変
に独走した軍部に革新を期待しました。軍部は2.25事件以来に暴力をちらつか
せることで政治の実権を握り、最後は冒険的に始めた中国戦争を解決できずに
日米戦争を迎えました。そして日本は破滅しました。
 中国のバブル崩壊で中国の庶民の怒りの矛先が政府により誘導され日本へ
向かえば、瀋陽軍管区(日本の満州軍にあたります)が暴走して対日戦争になる
状況と酷似していませんか?
 この状況でさらに悪いのは崩壊の影響でリーマンショックの何倍もの不況を
日本が受けることです。日本の民心も平常心を失い全面戦争を国民が支持する
でしょう。
 勝敗の結果は分りません、終わった後にはまた荒涼とした焼野原が残るだけ。
 どうしたらいいのでしょうか?敵に武力的な冒険行動を思いとませる
戦力バランスを日本が持つしありません。専門家も破裂は2-3年で起こると言い
始めています。
 困った。 必ずはウソが多いし、無くて欲しいも願いかなわずですね。

    2014-3-7







    ; 欧州の民族自決 

  

  クリミアのロシアへの併合がすすんでいます。第1次世界大戦後に始まった
欧州の民族自決の動きをまとめてみました。
 一見民族自決の大義でうごいているようにもみえますが、実際は時々の
パワーバランスで決まっています。
 今後中国のモンゴル・チベット・ウイグルなども大きな問題になりそうです。

  第1次大戦後
  ユーゴスラヴィア   クロアテイア・セルビア・スロベニイア3民族の連邦制成立
  ポーランド   ロシアより独立
  フィンランド ロシアより独立
  バルト3国  ロシアより独立
  チェコスロバキア  オーストリア・ハンガリー帝国より独立 
  ハンガリー     オーストリア・ハンガリー帝国より独立
  オーストリア   オーストリア・ハンガリー帝国より独立
  ウクライナ   独立宣言するも赤軍に制圧されソ連邦に
   
   第2次大戦後
    バルト3国  ソ連邦に組み込み
    ドイツ  東西に分離

   冷戦終結後
   バルト3国     リトアニア・ラトビア・エストニア3国に独立
    ウクライナ     ソ連より独立
   ベラルーシ     ソ連より独立
    チェコスロバキア   チェコとスロバキアに分離独立
   モルドバ      ソ連より独立,沿ドニエストル共和国は独立状態
   ユーゴスラヴィア  スロベニア・クロアテイア・
              ボスニアヘルツエゴビナ・セルビア・ 
              モンテネグロ・
             コソボ・マケドニアに分離


               2014-3-20

   






  ; 鎮遠・長崎事件   
 
                  
 
 鎮遠は1882年進水の日清戦争当時の東洋一の戦艦です。 当時のイギリスは
戦艦の主砲は30.5cmの前装填のもので、鎮遠は後装填の最新式の軍艦であった。
日本は日露戦争のためには戦艦を建造して準備したが、この時代は清との海軍力
には大きな力の差があった。
 戦艦鎮遠と定遠に備えるために、せいいっぱいの32cm砲1門だけ装備の1点
豪華主義の巡洋艦を松島・厳島・橋立の三景艦で対抗した。実戦では役立たず
 明治一九年・1886年に鎮遠・定遠など4隻の北洋艦隊が長崎に来航した。
水兵が市内で乱暴狼藉を働いた事件が長崎事件です。日本は清の威圧に対して
おおいに恐怖しました。中国はいつの世でも押せる力を持った時には、力を背景
にして押してくるようですね。
 日清戦争での海戦に日本は勝利して鎮遠を鹵獲して、改造し日露戦争にこれを
使用しました。
 中国は日清戦争以来に海軍を持ったことがなく、最近になって大きな艦隊を所有
するようになりました。国際的なネイビー共有文化・常識がまだ育ってない
ようで、近頃の問題を起こすようになっています。仏像つくって魂いれず、
日本のようにお手本とするイギリス海軍もありません。
 意思もないのに起きた偶発紛争は避けねばなりませんね。

      ; 2014-6-2








    ; 爺爺の集団的自衛権・安全保障 
 
 
 安倍さんが公明党と議論している集団的自衛権の議論が山場を迎えています。落
としどころは不明ですが、これからは内閣が、この行使を決めると国際紛争の解決
に軍事力の使用が容認されることになります。

 爺爺が50年も前ですが、中学3年の社会科の授業で新・旧の憲法を学びまし
た。国際紛争を解決する手段として武力行使の放棄と軍隊を保持しないと書かれて
います。小学生でも理解できます。それを自衛のためならと自衛隊・軍隊はよし
として、憲法解釈だけで憲法を見直すこともなく、現在に至っています。大きな節
目を迎えて、理由は何でも紛争解決に軍事力を使用することに踏み込むのなら、
姑息な手段でやろうとしないで、国民的議論をして憲法を改正して、現実にある
自衛隊を認知して、その使用に法的な整合性を持たせることが必要です。

 イラン・イラク戦争の時に丸腰でクウエートまで航海しました。他船では人的被
害もでました。安倍さんの解釈変更でこれからは護送船団で紛争地には輸送でき
るようになると思います。またシーレーンの防御に機雷除去艦艇を派遣します。
紛争時ならその護衛に艦艇・飛行機を随伴させなければ任務は果たせません。
激しい最前線の戦闘が必定です。この想定がないまま掃海艇の議論をしている
ようです。 本当に起こることは、外航船員が絶滅した今では、そのシーレーンを
航海する日本船が存在しないことです。便宜置籍の他国の船員も下船してしまい、
日本へ輸送する船舶が大幅に減少してしまいます。その想定もしないまま集団的
自衛権の議論でシーレーンを述べても現実的な意味はありません。

  自国が攻撃されないのに他国を攻撃するには宣戦布告が必要でしょう。また
同盟の条項内容によりけりです。参戦規定があれば同盟国と参戦です。
 核のある今では、他国の防衛のために自国の大都市を壊滅させてまで同盟の義

を果たしてくれるかは、こちらにそれなりのものを要求されるし、疑問もあるでしょう。
 

同盟と集団的自衛権とは同じ土俵で議論が必要です。また自国の軍備をそろえるの
には、同盟か自分の国は自分で守るのか、で大きな予算の違いがでます。
いずれにしろ時間がかかる大きな問題です。

 安倍さんの変更で、自衛隊が海外で多くが戦死するようになると、隊員不足が
生じ徴兵制云々の話が起きるかもしれません。大事なことですね。
 
           2014-6-21

;  









   ;  米国退役軍人省  

      United States Department of Veterans Affairs
 
  国防省に次ぐ2番目の規模の省で予算876億ドル・8.8兆円を使い
職員28万人を要する。退役軍人に関する医療・給付など管理する。
現職長官はエリック・シンセキでハワイ生まれの日系3世です。陸軍参謀
総長のトップまで務めたが、イラク戦争でラムズフェルド国防長官とイラク
占領政策で意見が対立して解任されたが、彼の意見が正しかったと今度
はラムズフェルドが退任することになった。

 なぜアメリカの気にもとめていない省のことを書いたのかは、内閣の意思
で外征軍を派遣する大きな歴史的節目をむかえることになるからです。
米国の国防予算は2000年から14年間で概算30兆円から70兆円になり
ました。その負担に耐えられないでイラクとアフガニスタンより撤退。クリミア・
シリア・今回のイラクで米国は内向きの戦略をとらざる負えなくなりました。
 日本の国家予算ほど軍事予算を組むアメリカとは比べられないですが、
今後にでる日本軍の戦死者・負傷者に相当な予算を覚悟しなければなりま
せん。この省の予算は現在の自衛隊の予算の倍あります。日本版退役省
が必要になるのかもしれませんね。日本の軍事予算は増加していきます。
次は1%の制限枠の撤廃になるでしょう。財政破たんはますます近くなって
きます。

      2014-6-28
 






;    集団的自衛権の2つの議論
 
   下記の2つのご意見を目にしました。このような方々が意見をかわせて
決めていただきたいものです。細谷さんは安倍さんの安保法制懇談会のメ
ンバーです。彼の述べているようなら問題は少ないのですが。アリの1穴の
ように思いのほか違った場面を見せるのが心配です。神浦さんの外務省ク
ーデター説はまだ世間ではよく知られていないです。戦後の民事官僚改革
を怠った結果で、外務省による省益追求が戦争を欲するものにまでなった
のかという感じですね。
 悪くすると取り返しのつかない事態になるので、いずれにしろ関心をもつ
必要があります。

  細谷雄一さん7月2日の意見 
   集団的自衛権の行使容認に関する閣議決定
 http://blog.livedoor.jp/hosoyayuichi/

  神浦元彰さんのコメント
  http://www.kamiura.com/remail/continues_789.html

     2014-7-5

  






    英国から見た太平洋戦争
    外国人記者ストークスによる   

   
                     


 欧米主要紙の英国人在日支局長を長年務めたストークスさんの本を読み
ました。米国からの先の戦争についての情報が多いなかで、英国から見た
戦争観は新鮮なものを感じました。
 日本のマレー作戦は真珠湾の数時間前に布告予定も無く突入した。3個師
団の少数で、植民地軍が主力だが倍の兵力をもつ英国軍を短期間で1100
キロ進軍して撃滅してシンガポールを占領。後にビルマも占領して東南ア
ジアの英国植民地を日本が占領した。
 これを契機にして植民地の民衆は目覚めて戦後の世界の植民地が独立す
ることになる。英国はインドの独立などで主要植民地を失い、長期没落の道を
たどることになった、サッツチャーにより立て直して英国は現在に至ります。
 会田雄次著のアーロン収容所では英国女性兵士は平気で目の前でパンツを
脱ぎ、捕虜に洗濯を命ずる描写があります。それぐらい日本を含めてアジア人
等には差別意識を持っていました。日本人により英国の繁栄とプライドを傷つけ
られたので、戦後は恨み骨髄の意識を持ちました。
 著者は三島由紀夫にも詳しいけれどこちらが浅学なので興味のある方は
そちらをお読みください。


    2014-7-18







 ;  戦後の掃海作戦  


   

 昭和の40年代でも、海上保安庁の航行警報で機雷に関するものが
ありました。現在の集団的自衛権の議論のなかで機雷の掃海の件がもち
だされています。安倍さんはペルシャ湾での掃海がやりたいのでしょう。
 湾岸戦争のあとでの掃海を自衛隊が行い、1兆円もだしたクウエート
にもそれでやっと貢献が認めてもらい、その成功体験が影響しています。
 今回の議論の中で不思議と朝鮮戦争の最中に上陸作戦の先駆けとして
の掃海部隊の派遣については知らぬふりです、戦死者もでています。停戦
後の掃海と違い戦争行為そのものです。従い日本は戦後に参戦しています。
 船乗りしていた時の甲板長は実際にその掃海艇に乗っていました。
今度の議論の掃海もホルムス海峡に派遣する状況は戦争行為そのものの
掃海になるはずが、前回の停戦後の掃海と混同されているようです。
まだまだ論議が必要です。

       2014-7-20
  






    道徳的憤怒の戦争  米国の場合   

 
            
                     ハバナで爆沈した戦艦メイン


  アラモ砦の戦闘  米墨戦争  1846年  
    カリフォルニア・ニューメキシコ・アラバマを得る
  メイン号爆発  米西戦争 1898年
    キューバ保護国・フィリピン・プエルトリコ・グアムを得る
  真珠湾攻撃  太平洋戦争  1941年
    日本占領
   トンキン湾事件  ベトナム戦争  1964年
    自作自演の模様。米国敗北
   

     今でも50代にしか見えない高倉健さんのかってのヤクザ映画を
  オールナイト映画館で見たものですけれど、もうそれを知っている人
  は少なくなったでしょう。いつも決まった筋立てで、耐えた健さんが
  憤怒の情で 悪のヤクザに立ち向かうところで喝采が起こります。
  下世話な例ですが同じことでしょう。

   何の予告もなく不意打をくらい被害を受けたり、卑劣な行為による
  戦闘があると、道徳的憤怒を呼び起こし戦争の原因となります。
  年賦のごとくアメリカはそんな歴史をもって戦ってきました。
   利益も得ています。
   湾岸戦争・イラク戦争・アフガン戦争も同じです。

   怖いところはそれまで平和を唱えていた人々が、事件を契機に一転
  して開戦支持に回ることですね。冷静な判断を失います。他人事では
  ありません。理想主義的な言動は案外底が浅く豹変に気を付けなけれ
  ばなりません。


                   2014-8-6
  







   常勝寺 支那駐屯歩兵第1連隊

         

         常勝寺



     
       連隊句碑         境内永代供養地 軍馬慰霊塔もあり


 埼玉県・鴻巣の荒川沿いにあるお寺です。境内に軍馬の慰霊碑もあり、気に
なって調べてみました。 なんと盧溝橋事件の支那駐屯歩兵第1連隊の供養地
であったのです。常勝寺の名前でここにあるのでしょうか? この連隊の補充地
は千葉になっていますが。
 北進事変のあと1936年に北平・北京で編成された。補充を受けたとはいえ多
くの戦死者・2700名余をだしている歴戦の連隊です。有名な大陸打通作戦に
参加しています。南昌で終戦を迎えた。
 
 最初の連隊長はインパール作戦を主導したあの牟田口廉也です。日中戦争
開始にも影響を与えた指揮官ですね。

          2014-8-11

  


   警備母船の建造
     海上保安庁の密漁対策として








    ポーランド近代史  
 

           
           伊東孝之 著作
          
 ポーランドは世界史地図をご覧になればお分かりのごとく宗教改革の時代
まではカソリックで欧州の大国です。18世紀になり衰退してロシア・プロイセ
ン・オーストリアが分割して消滅した。ロシアはポーランド語を制限してロシア
語を強制した。ポーランドの民族意識は高まり何度も反乱する。1830年の
反乱を題材にショパンが革命を作曲した。第1次世界大戦でその3国が衰退
して1918年に第2共和国として独立。

  なんでポーランド史なんだとお思いの方も多いでしょう。前に書いたシラフタ
のこともあの分厚い高校の世界史教科書に載っていなかたのにと....
 ポーランドの歴史のなかでやっと独立したのは第1次世界大戦の後です。
それも壮絶な独立闘争をしたわけではなく、戦争の結果としてそれまでの支配
していたロシア・オーストリア・ドイツに力の空白ができた強運ゆえです。それも
すぐにソ連・ドイツに分割されてしまいます。第2次大戦後はソ連の衛星国でし
た。
 冷戦が終わりやっと独立でき、NATO・EUに加盟です。英仏との条約は先の
大戦では日和見の対象にされてポーランドには機能しませんでしたけれど。

 今のウクライナ情勢でも相当な危機感を持っていると思います。 ポーランド
は自国の安全保障に対してその歴史的教訓を踏まえて、イラク戦争・アフガン
戦争・イスラム国有志連合に参加してきました。

 デンマークで昨日テロがありました。デンマークは先の大戦では数日でドイツに
占領されてしまいました。かの国もイスラム国有志連合に参加しています。同盟の
ことを日本が考えるのに、オランダ・ベルギーの戦後の行動も加えて考えてみる
べきでしょう。

    年表             
 

 出来事
1569 ポーランド・リトアニア共和国
1572 選挙王制に移行 
1772 第1次ポータンド・リトアニア共和国分裂
1791 信教の自由、5月3日憲法
1795 3国分割でポーランド消滅
1807 ナポレオンによりワルシャワ公国・衛星国
1815
ロシア皇帝によるポーランド王国設立
1830 大反乱
1832 ロシアの直轄支配
1843 蜂起失敗
1863 蜂起
1864 ロシア領で農奴解放
1918 ポーランド共和国独立

シラフタ制度廃止

ソビエト・ポーランド戦争
1920
シベリアのポーランド人孤児を救出
1921 リガ条約でソ連から領土を獲得

フランスと同盟
1932 ソ連と不可侵条約、
1934 ドイツと不可侵条約 -39年破棄 
1939 独ソ不可侵条約 ポーランド分割の密約

英仏と相互援助条約

9月 ドイツのポーランド侵攻、第2次大戦開始

ソ連のポーランド侵攻、ポーランド領を併合
1944 ワルシャワ蜂起
1945 第2次大戦終了
 


   ショパン  革命  演奏 フジコ・ヘミング  3分
  https://www.youtube.com/watch?v=rgWSUylxBeI

   2015-2-16






    ポーランドとシラフタ 

       伊東孝之さんによる



   


  
 悪名高い分厚い高校の世界史教科書にもシラフタは登場しなかったように思い
ます。ポーランド史に基本的な事項ですが私は知りませんでした。
 ルソーはポーランド18世紀中頃では、国民の全てであるシラフタ、無である町
民、無以下である農民の3つの身分からなると述べています。シラフタは武士・
士族のような封建支配層です。ポーランドでは国王は血筋が絶えてからは選挙
で選ばれています。シラフタは階層分化が生じていなくて、形式上まったく平等
であった。それは議会や国王選挙にあてはまった。 この身分は珍しく完全に
閉じられて、他の身分からの上昇は極めてまれであった。数的には10%にも
達する多さで、英仏は1-2%の数です。シラフタの平等意識は強かったけれど
もシラフタ内部の貧富の差も激しく、国王にも等しい位な上流シラフタ、村をもつ
中流シラフタ、農奴を持たないで自分で耕す小地主シラフタ、土地さえもたない
多数の裸シラフタに4つに分かれていた。ローマ共和政の市民と同じともいわれ
る。 19世紀の民主主義の進んだといわれる英国の選挙民が3%であったと
比較されて数も多くシタフタ民主主義はすすんでいたといわれている。
シラフタは国民意識の中核で強いエリート意識を持ち、第1次世界大戦後に独立
するまでの主体となった。農奴はプロイセン領やオーストラリア領に次い
1864年ロシア領で解放されたので、多数の農民が民族意識を持ち
教育を受け、国民意識の担い手となるのには時間がかかった。


  ポーランド・ハンガリーのリュート音楽  演奏ラゴスニック  13分
  https://www.youtube.com/watch?v=u6t0svS8-PA

     2014-12-6









   防衛省の武器調達   
      軍事ジャーナリスト清谷信一さんによる
 

 先の大戦に、武器のライセンス生産で学び、研究製造水準が追いついて金属ジュ
ラルミン製ゼロ戦がやっと間に合い初戦で活躍しました。アニメの風立ちぬでその
時代は表現されていました。でも発動機の水準は欧米には遅れをとっていて、新機
種への開発ができずに航空劣勢に陥り敗戦を迎えました。

 戦後の防衛庁・省の方針としても、兵器の国産を重視して、それで自主開発なり
ライセンス生産をしてきました。方針としては正しいでしょう。
 でも防衛予算を見てみますと、大量に必要な装甲車でも年間調達量は10数両で
す。わずか1個中隊分です。師団に仮に200両装備としますと10年以上時間が
かかることになります。 現自衛隊はまだ第2次大戦なみの自動車化師団のよう
にトラックを主体としているのでしょうか?信じられない数量です。こと起きれば
民間に大量発注する考えとしか思えません。抑止力として機能するのでしょうか? 

 各メーカーの製造ラインを維持するため少量発注をしているのでしょう。清谷さ
んによれば最新式を避けて現ラインを維持するために、旧式兵器をあえて生産
しているというケースもあるということです。予算に限りがあるのはもちろんです
が、高額な汎用武器を国産で生産する必要はないでしょう。汎用兵器は同じ
予算で数をそろえるべきです。もちろん不具合のある武器も当然改善していく
べきです。

 武器メーカーの会議室では、眼がまぶしくなるようなキラ★をつけていた元将官
が新聞をよんで暇をつぶしている光景を目にした話を読んだことがあります。
天下りのための武器調達政策は改めなければなりません。倍倍ゲームで軍事
予算を増やしてきた存在が近くにあるのですから。
 

  なぜ自衛隊は暴発する機銃を使うのか

  http://toyokeizai.net/articles/-/52889?mm=2014-11-10



  アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫

  http://toyokeizai.net/articles/-/51971

   追記
     
  2015-12-16に最高裁判決で防衛省がアパッチを計画どうりに注文しなかったため
に初期開発費用が回収できなくなったとして、富士重工業に351億円の国からの支払
いを認めた。



 
      2014-11-17  

   追補


  C-2輸送機の輸出構想は絵に描いた餅

  http://toyokeizai.net/articles/-/56949


  


    零戦展示     

 
      


  ニューギニアで発見されたゼロ戦22型が埼玉新都心で展示公開されました。
エンジンは栄型ですが交換してホイットニーエンジンで飛行可能なように復元さ
れています。11月24日まで展示されました。
 さっそく見てきました。3分割されてまじかに細部が見ることができす。各部材
には軽量化のために穴が開けてあります。パイロットの座席にも穴あきがあり
防弾効果を犠牲にしているのでしょうか?ジュラルミンの厚さは数ミリで文房具
の文具の下敷き程度です。薄いものですね。
 
 宮崎アニメの風立ちぬをごらんになった方もおられるでしょう。ゼロ戦の設計
者を主人公としたお話です。当時の日本の航空機設計の状況がよくわかりま
す。外国からライセンス生産をして技術を学び・マネ・盗みして国産開発してい
きます。ゼロ戦になってやっと追いつき、開戦してます。水準はまだ、まだらで
すのでその後の開発・改良競争には敗れて敗戦です。
 当時の陸海軍の要求性能は厳しく、当たり前ですが他国よりは,よりよいもの
をめざす。資源も財政も厳しいゆえに、得意の職人技を追及した個艦・個機
のすぐれたものを求める。従い工数が多く大量につくれなくて、ギリギリ性能
を追求したものを完成させます。平時の5-10年でのレベルアップの時はそれ
で良いのですが、戦時に絶えざる改良・性能アップを要求されるようになると、
設計上の欠点になります。ゼロ戦は改良の余裕がなく改造しても性能が向上
せず、ベテランパイロットには初期型のゼロ戦21型が好まれたくらいです。
 国民性のようで戦後の自衛隊にもそれは見られます。

     


   
     7.6mm機銃2本が見える
    

    2014-11-27


  軍事・安全保障その2へ



    ガリポリの戦いとトルコの近代化  
    
  

        
      ケマル・アタチュルク 1881-1938


 第1次世界大戦の時にはオスマン帝国はドイツと伴に連合国と戦っていました。
英国のチャーチルは海軍大臣でイスタンブールの占領を目指して作戦を立てま
す。ガリポリに上陸後オスマンの首都を陥落させ、黒海との通航の自由を確保し
て味方のロシアとの連絡を確保するのが作戦の目的でした。
 ガリポリ上陸作戦はケマル・アタチュルクの活躍で失敗に終わります。
近代の上陸作戦では待ち構えている敵の3-5倍の兵力を準備しなければ難し
いという教訓を残しました。
 オスマントルコは大戦に敗戦した。戦後にケマル・アタチュルクは救国の英雄
として祖国解放運動の指導者になりトルコ共和国を建国します。
 彼は今話題のイスラム国が自称しているカリフ制の廃止をする。神秘主義教団
を閉鎖したり宗教勢力を一掃して欧化政策を推進した。

 現大統領のエルドアンはイスラム原理主義を扇動した罪を問われて4年半の
実刑判決を受けた人である。先般の暴動騒ぎの原因は承知しませんが、ケマル
改革の修正に動いているように外からは見えます。イスラム国に対するトルコの
対応も明確にはいかないようです。ケマルは婦人の参政権を認めたりスカーフ
の着用を禁止しました。イスラム過激派ではノーベル賞の若い女性を銃撃したり、
アフリカで数百人の女高生を誘拐しています。イスラムの古い時代への回帰運
動が隆盛です。トルコがそちらの側に行ってしまうと、一信教どうしの大宗教戦争
が懸念されます。EUがトルコの加盟に迷っている時間は無いのかもしれません。
キリスト・イスラム・ユダヤ教は仏教・ヒンズー教と違い同じ穴のムジナです。
歴史的にも共有した時代があります。イスラムの近代化をトルコの発展で証明
して及ぼすもの以外の方法があるのでしょうか? 欧州とトルコの動きに今世紀
がかかっているように見えます、注目が必要です。大親日国のトルコとは遠すぎ
るので同盟を結んでも意味をなさないけれど、日本にできることはあるはずです。

       2014-12-21



      エルトウールル号の日本訪問
     追記
         

  映画 海難1890
       










     多民族国家・マレーシア  
  

  成長著しい若い国に期待する!

  マーレーシアの主な国民構成・約3000万人は

   マレー人    60%  イスラム教 
   中国人     30%   仏教
   インド人    10%   ヒンドウー教

 クアラルンプール市内を散策していて見かける若いカップルは同じ民族どうし
です。まず異民族どうしは見かけません。人口構成をみても同じ民族の数が多
いことと、文化・宗教が異なるゆえにそうなるのでしょうか?

  ホテルで行き先の方法をたずねて、駅から100m位の目的地でも駅からタク
シーを使うように勧めます。実際に駅で降り立つと、幅広い道路で危険は感じま
せん。そこへは徒歩で行きました。ホテルの従業員は中国系スタッフでした、た
ずねた目的地はマレー・イスラム街で、ほとんど本人は行った経験がないので
しょう、それでそういうアドヴァイスをするのだと思われます。
 マレーシアでは違った民族とは認め合いながらも不干渉で生活しているよう
に見えました。

 イスラム国に慰安婦として志願する若いマレーシア女性も現れました。一見の
外国人には、その国に何か問題があってもうかがい知れません。街では、目だ
け出した黒い衣装の女性を見かけますが、多くはありません。中東の旅行者
のようにも思われます。マレー人の女性はおしゃれなカラフルなスカーフをし
ています。

 マーレシアは香港とシンガポールを除けばアジアで1位です。タイよりも生活
水準は高いようです。従い落ち目の日本人には物価は安いとは感じられません。
1リンギット38円位の交換レートでした。イスラムの国なのにクリスマスセール
を堂々と飾りつけをしてやっています。このまま多民族国家として順調に成長
していってもらいたい。今世紀中解決できなくて続きそうな感じのする、一神教
どうしの原理主義の争いを止める、多民族共存の模範の国なってほしいもの
です。トルコにも期待しますが。

 あちこちでリフォーム工事が盛んで街のスクラップアンドビルドがすすみ、そ
のうち街並みが一変するでしょう。  それにしてもどこかの国のように老人を
見かけることは少なく若い人ばかりが目につきます。


      2014-12-28


   マレーシア老人格安旅行

   海外旅行の準備・マレーシア 

   呉越同舟・ランカウイのリバークルーズ

   マレーシアIT事情


  
         ドイツの敗戦処理と北方4島

 


   
    カーリーニングラード/旧ケーニヒスブルク


 2015年の新年を迎えました。昨年の拉致被害者の交渉はどうなったので
しょうか?
プーチンとの北方4島との交渉もウクライナの問題が生じて拉致と同様に期
待が持てません。 どちらも時期というものがあるのでしょう。冷戦が終結して
ロシアが困窮したときの、日本の無私の援助があれば返ってきたかもしれま

せん。ミャンマーなどには借金を棒引きしてさらに何千億円もの援助が、この
今でもできるのですから。兆円だして購入という手もあったでしょう。

 ドイツは先の敗戦でシュレージェン地方や東プロイセンを失う。前者はポー
ランド領に後者はポーランドとソ連・ロシアで分割した。ロシア領はカリーニン
グラード州として現在のリトアニアとポーランドの間に飛び地としてある。
 第2次大戦前に独ソでポーランド分割を秘密に協定して開戦するや2国で
ポーランドを占領した。ソ連は勝利した後でもそれを返還せずにポーランド
国境を西に移動させることで決着させた。この結果北方4島の帰還者の比
ではない百万単位の膨大な犠牲者をだした。戦勝国はこんなものです。

 日本は北海道を失うこともなく、国体護持もできました。沖縄返還・軍政
維持?にもなりました。安倍さんは戦後レジームの改正と声だかですが、
戦勝国からはウサン臭くみられていてもおかしくないでしょう。まだまだ時
間がかり、やることも多いでしょう。

      2015-1-8

  

  

 ;外交のページへ

軍事・安全保障その2へ






  イラク戦争の参戦国  準備中

  湾岸戦争 1990年8月-1991年2月
  イラク戦争 2003年3月−8月

 湾岸戦争は国連安保理の決議に基ずくものでしたが、イラク戦争はアメリカ主体の
有志

連合が軍事介入した。

      イラク戦争戦死者数

 アメリカ     4065名
 イギリス      176名
 イタリア       33名
 ポーランド     23名
 ウクライナ     18名

  イラク戦争・イスラム国・アフガニスタン戦争  参戦国   準備



 
湾岸戦争 イラク戦争 アフガニスタン イスラム国
1990-1991
2003年
2014年

























































1930年代の海外侵略   準備中

 ウクライナの今回の紛争で1930年代の海外侵略に似ていると言われています。

 1935   イタリアのエチオピア侵攻 独のザール併合

 1936   独のラインラント進駐   スペイン内戦(独伊ソ連陥入)

 1937   日中戦争

 1938   独のオーストリア併合  独のズデーデン併合

 1939   独のチェコスロバキア解体  伊のアルバニア併合







   海上自衛隊と航海科の充実

   海上自衛隊と航海科の充実 その2

   マーケットの暴力・衆愚政治のツケの支払い

  


軍事・安全保障その2へ
 






。